Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

Innovative Collaboration for Future 2019 開催される
 4月14日(日),鶴見大学記念館(横浜市鶴見区)にて標記講演会が「Save the teeth~歯の保存の重要性~」をテーマに開催された(主催:ASC.代表;中村航也氏(京都府)).
 吉武 秀氏(神奈川県)は中等度及び重度慢性歯周炎患者に対し,部分床義歯を用い口腔機能回復治療を行った一症例~歯の保存の重要性と診査診断,補綴設計~」として,部分床義歯の設計原則を再確認し,歯周病患者の治療に用いた症例を供覧した.
 瀧野裕行氏(京都府)は「今求められる医院力と歯周組織再生AtoZ」として,歯科医院のブランディングと専門性向上のための取り組みや治療の永続性を保つための臨床的なポイント,歯周組織再生材料を用いた根面被覆症例等を示した.
 井原雄一郎氏(東京都)は「歯を保存・機能させるために選択すべきこと」として,知識や技術,システム,治療環境といった術者が備える条件と,個々に異なる患者背景(患者の希望や年齢,全身状態,費用等)を踏まえて治療法を選択することが重要とし,その実践例として歯周組織再生療法の症例を提示した.
 中村氏は「チームワークで歯周病に立ち向かう~長期的に天然歯を維持・安定させることを目指して~」として外胚葉由来の上皮を守る重要性やバイオタイプに応じたTBI,PPDの値ではなくBOPの有無を見ることの臨床的意義,インプラント周囲炎への対応等の臨床対応を解説した.
 若林健史氏(東京都)は「歯を救うための歯科医院づくり~歯周基本治療からメインテナンスまで~」として歯周基本治療の重要性や歯科医院のホスピタリティ,歯周病と全身疾患との関連性,歯周治療について患者に理解してもらうために行っている取り組み等について語った.

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2019年9月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号