Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

インフェクションコントロールシンポジウム2018開催される
 11月17日(土),18日(日),日本歯科大学生命歯学部 100周年記念館 九段ホール(東京都千代田区)にて,標記シンポジウムが「医療現場の感染管理―過去・現在・未来―」をテーマに開催された(大会長:又賀 泉/日歯大).
 ジョン・モリナーリ氏(ミシガン州THE DENTAL ADVISOR感染管理担当理事)が「感染管理:What and Why?」「感染管理と新興感染症に関する最新情報」をテーマに登壇し,手指衛生,個人防護具,器材の再処理についての最新のトピックスを紹介.手指衛生については薬剤の効果・使用するタイミングや肌荒れ,個人防護具についてはフィルタリングのレベルといった材質の問題から使用方法まで,再処理についてはその効果を確認するためのモニタリング方法など,細部にわたる解説がなされた.
登壇したジョン・モリナーリ氏
 続くイブ・クーニー氏(米国パシフィック大学)は「臨床施設における血液飛散と新興感染症」について講演.ヒト免疫不全ウイルスやB型・C型肝炎ウイルスのトレンドとリスクを示すとともに,感染症の歴史を紐解きながらエボラウイルス,パンデミックインフルエンザ,SARS,多剤耐性菌などの新興感染症について詳説した.その後,自身が所属する病院の器材再処理のワークフローを供覧し,感染管理の具体的な方法論を示した.
 柏井伸子氏(ハグクリエイション)は「感染管理からみる歯科診療報酬改定―まず取り組むべきこと―」と題し,平成30年度の診療報酬改定によって院内感染防止対策がいっそう強く推進されることとなった現状を訴えた.確実な感染管理だけでなくコスト管理の視点も重要であるとして,用手洗浄から機械洗浄への変更や,ディスポーザブル器材や薬液等の在庫管理を見直す際のヒントが示された.

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2019年10月>
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号