Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

2018年度 東京歯科保険医協会定期総会 開催される
 6月10日(日),中野サンプラザ(東京都中野区)において,標記の総会が開催された.
 東京都歯科保険医協会は昨年の総会において坪田有史氏(東京都)を会長に選出し,その任期の1年目が終了した.
 総会では,2017年度の活動報告のほか,歯科を取り巻く情勢の解説や2018年度の活動計画が提案され,決議された.
総会の様子
 続く記念講演では,会長の坪田氏が演者となり『2018年歯科診療報酬改定の考察と今後の展望』を演題に講演.
 まず,「2018年歯科診療報酬改定の考察」として,改定における背景の説明と各項目の実際を解説.その後,各項目ごとの実際や東京都歯科保険医協会としての対応,さらには関係省庁への働きかけや協議の内容なども説明.東京都歯科保険医協会の会長として,また,一人の開業歯科医師として,今回の改定項目への評価や対応の実情などを示した.さらには,氏が過去に関わったマテリアルの保険適応の流れや不適切な品目が承認されている実情も解説し,研究者としての一面も覗かせた.
 続いて,「今後の展望」として,歯科医師や歯科衛生士,歯科技工士の需給問題や院内感染対策など歯科界の実情とそれに対する対応,今後の展望を解説.さらには歯科医療費の総枠拡大など,東京都歯科保険医協会として取り組む問題や,そこにつながる今後の事業なども紹介された.
記念講演の様子
 続く懇親会では,政界からの来賓なども多数集まって情報交換などが行われ,有意義に幕が閉じられた.
懇親会で挨拶をする坪田氏

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2018年7月>
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号