Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

GC友の会 学術講演会「歯科衛生士講演会」開催される
 6月18日(日),GC友の会 学術講演会「歯科衛生士講演会」がベルサール半蔵門(東京都千代田区)にて開催され,600名以上の参加者を集めた.
 まず牧野 明氏(富山県開業)が登壇し,「大臼歯の健康状態を把握するために知っておきたいこと」をテーマに,プロービング,X線写真,歯肉,エキスプローリングが何を示すのかを詳説し,それらと想像力を併せて,大臼歯部を三次元的にイメージすることが重要であるとした.
 続いて,畔川澄枝氏(富山県・まきの歯科医院)が「患者さんの立場から考えるセルフケア」と題し,症例を供覧しながらセルフケア指導の実際を紹介.「どんなに小さなことからも患者さんを知ろうすること,患者さんの思いを受けとめることを大切にしている」と,モチベーションのポイントを示した.
牧野氏
 最後の演者として,薄井由枝氏(東京医科歯科大学大学院非常勤講師)が「効率よくしっかりととるためのインスツルメンテーションのコツ」を講演.根面の処理に対する考え方を,SRPとペリオドンタル・ディブライドメントの相違点から解説するとともに,その手技のポイントを伝えた.また,「歯科衛生士が長く働くためにも,正しいインスツルメンテーションを行うことが大切である」と述べ,術者の疲労の視点にも配慮した手技を示した.
 また「メインテナンス・SPT継続のために」(畔川氏),「メインテナンス成功のために」(牧野氏)の講演が行われたほか,ディスカッションにも大きく時間が割かれ,非外科的な歯周治療について,理解を深める一日となった.

ディスカッション風景

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2021年6月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号