Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

第2回日本歯科衛生教育学会 開催される

 12月3日(土),4日(日)鶴見大学会館(横浜市鶴見区)にて,標記学会が開催され,教員を中心とした350名が参加した(大会長:松田裕子氏・鶴見大学短期大学部歯科衛生科).
IMG_1336.JPG

 教育講演では,下野正基氏(東京歯科大学)が「歯肉からみた歯周治療」をテーマに登壇した.下野氏は,歯肉上皮は,歯肉口腔上皮,歯肉溝上皮,付着上皮に分けられると述べたうえで,歯肉のしくみとはたらきについて詳説.歯肉口腔上皮にはセラミドによる防御機構が備わっているが,付着上皮にはそれが存在しない.しかし付着上皮は,細胞間隙が広く歯肉溝滲出液が通過でき,また細胞交代が歯肉口腔上皮より50~100倍早く生体防御の役割を果たしているという.これらの基礎となる知識をもとに,プローブによる付着上皮破壊の影響や歯周ポケットの形成のメカニズムなど,臨床的な考察を加えた. 
IMG_1301.JPG

 特別講演では,岡田加奈子氏(千葉大学養護教諭養成課程)が養護教諭の立場から,専門職の養成教育と研究について講演した.「専門職のバックボーンとなる学問が求められている」と語った岡田氏は,その学問の専門性を支える研究の必要性を,自身が行った研究プロセスを交え強調.また専門職を育てる教員には,高い専門的能力と誇り,意欲が求められ,最新の情報を入手すること,教員自身が研修を超えて研究を行わなければならないと述べた.研究を行わなければ,その専門職の未来はないと警鐘を鳴らし,「1年に最低1つの研究的実践.定年までに1つの研究」を勧めた.
IMG_1317.JPG

 学会設立から2回目の開催であったが,会場は聴講者で満席となり活気に溢れ,今後の発展が期待された.

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2019年1月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号