Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

「歯科口腔保健法」成立についての臨時会見開催される

 8月2日(火),第177回国会にて「歯科口腔保健の推進に関する法律(歯科口腔保健法)」が可決・成立されたのを受け,8月3日(木),歯科医師会館(東京都千代田区)において日本歯科医師会(日歯会)・日本歯科医師連盟(日歯連盟)による臨時記者会見が開催された.
 本法は,歯科疾患の予防等による口腔の健康の保持(歯科口腔保健)の推進に関する施策を総合的に推進するための法律であり,施策に関する基本理念,国・地方公共団体等の責務などが定められている.
 会見では,大久保満男氏(日歯会会長)が,本法の成立は石井みどり議員や西村まさみ議員らが党派を越えて尽力した結果であることを説明した.また,本法の成立はあくまでもスタートであり,それを如何に実効性のあるものにしていくかは今後の努力にかかっていることを強調した.そして,本法が成立したことにより,今後は各都道府県や各市町村レベルで,その状況に応じた歯科口腔保健に関する条例がますます制定されていくであろうと述べた.
 高木幹正氏(日歯連盟会長)は,各ライフステージに関する法律のなかに歯科口腔保健が含まれていたが,生涯を通じた歯科口腔保健に関する法律はこれまでなかったため,本法の成立の意義はきわめて大きいと述べた.また,本法はあくまでも理念法であり,これから本法を精査して如何にわれわれの政策に活用できるかを考えていきたいと語った.
 続いて,佐藤保氏(日歯会常務理事)より本法の概要,石井みどり議員および西村まさみ議員より本法成立までの経緯が紹介された.

20110803-1.JPG 20110803-2.JPG

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2019年5月>
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号