Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

国立がん研究センター・日本歯科医師会 がん患者歯科医療連携合意書調印式 開催される

 8月31日(火),国立がん研究センター(東京都中央区)において,国立がん研究センター・日本歯科医師会 がん患者歯科医療連携合意書調印式が開催された.
 今回の連携事業は,同センター中央病院で全身麻酔手術を受ける患者に対して,術前に口腔ケアや歯科治療を行うことで,口腔内合併症を予防・軽減し,がん患者のQOLの向上を高める目的で行われるものである.同事業は当初,同センターと関東圏の歯科医師会を対象として開始するが,2012年から全国展開を図ることを目標としている.

NCRC02.jpg

 冒頭で嘉山孝正理事長(国立がん研究センター),大久保満男会長(日歯)がそれぞれの立場から今回の連携事業の意義について述べた.続いて,日歯で地域保健を総括する池主憲夫常務理事が,合意に至るまでの経緯と全国展開に向けた今後の展望について説明を行った.
 また,同センターより,頭頸部腫瘍科・形成外科の浅井昌大科長,看護部の丸口ミサヱ部長ががん治療と口腔ケアの関係について,臨床現場の実情を述べるとともに今回の事業への期待を表明した.最後に,乳腺科・腫瘍内科 歯科の上野尚雄氏が連携事業のスキームを具体的に説明した.
 調印式に際しては,All Activities for Cancer Patientsを掲げる国立がん研究センターの意向で,同センターで頭頸部がんの放射線治療を受けた患者が招かれ,治療後に口腔内合併症で苦しみながら,地域のかかりつけ歯科医で治療が受けられなかった経験を述べながら,がん患者が安心して歯科治療を受けられる環境ができるよう希望すると語った.

NCRC01.jpg

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2019年7月>
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号