Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

第47回 日本小児歯科学会大会・総会開催される

 5月14日(木),15日(金),大阪大学コンベンションセンター(大阪府吹田市)にて,標記学会が「原点にもどって」をメインテーマに開催され,約1,800人の参加者を集めた(大会長:大嶋 隆氏/大阪大学大学院歯学研究科小児歯科学教室).本学会は,32題の口頭発表と169題の展示発表で構成され,初日となる14日は小児歯科臨床に関する演題を中心に,翌15日はおもに基礎研究関連の演題が展開された.
 14日は,
外傷を受けた幼若永久歯への対応(宮新美智世氏/東京医科歯科大学歯学部附属病院)や乳歯・幼若永久歯の歯根破折の処置(有田憲司氏/徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部),乳歯の根管治療(八若保孝氏/北海道大学大学院歯学研究科),小児の歯周疾患への対応(山口 登氏/九州大学大学院歯学研究院),小児歯科における医療安全管理・感染対策(藤原 卓氏/長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)など,臨床において診断や治療法の選択に苦慮する症例への対応や近年注目を集める話題について解説がなされた.
 翌15日は,骨に関する最新情報と歯科治療への応用(米田俊之氏/大阪大学大学院歯学研究科),歯の形態異常の発症原因の追究から解明される歯の形成メカニズム(福本 敏氏/東北大学大学院歯学研究科),歯周組織再生療法の将来展望(村上伸也氏/大阪大学大学院歯学研究科)など,各分野の研究者による最先端の知見が紹介された.

090514059.jpg 基礎講演

 また,一昨年より認定歯科衛生士制度が始まった同学会では,歯科衛生士関連プログラムも多数展開され,14日に開催された「歯科衛生士として地域の子どもたちに私ができること―行政で働く歯科衛生士と歯科医院で働く歯科衛生士との協働―」と題した認定歯科衛生士研修セミナーでは,井上美津子氏(昭和大学歯学部小児成育歯科学)をコーディネーターに,北原 稔氏(神奈川県茅ケ崎保健事務所保健福祉課長)と,行政・病院・診療室それぞれの立場から,黒田千恵氏(大阪府堺市西保健センター)ほか3名の歯科衛生士がシンポジストとして登壇,連携に向けて一歩を踏み出すための具体的な提案がなされた.
 また,「小児歯科医院での定期健診」(杉岡千津氏/おおの小児矯正歯科),「齲蝕予防管理ソフトを用いた齲蝕予防」 (禧久めぐみ氏/おく小児矯正歯科),「齲蝕予防の先に見えてきたもの“むし歯予防指導は刑事ドラマのように” ?―ともに育つリコールを目指して」(井上治子氏/なでしこ歯科)の3題で構成された歯科衛生士テーブルセミナーでは,継続来院を促すためのアイディアや齲蝕予防指導に有用なツール,検診・問診時の着眼点,対応の注意点などが,症例を通して紹介された.


090514022.jpg 認定歯科衛生士研修セミナー

 初日は「臨床」における身近な疑問や課題の解決に向けた議論を交わし,2日目は「基礎研究」に基づく最新の知見から今後の小児歯科医療の未来を展望できる演題構成に,参加者からは「臨床家は基礎研究を学ぶことができ,研究者は臨床現場の実際を知ることができる充実したプログラムだった」との声が,また歯科衛生士セミナーを聴講した参加者からは,「診療室,行政,病院といった職域の垣根を超えて,“小児歯科にかかわる歯科衛生士”を共通項にディスカッションできる貴重な場.認定取得を目標に今後も学会に積極的に参加していきたい」といった声が聞かれた.

090514029.jpg ポスター展示会場


 次回学会は,2010年5月19日(水),20日(木)に名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)にて開催予定(担当校:愛知学院大学歯学部小児歯科学講座).

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2019年1月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号