Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

「第16回日本有病者歯科医療学会総会」開催

310日(土),11日(日)の両日,東京女子医科大学弥生記念講堂(東京都新宿区)にて,第16回日本有病者歯科医療学会総会が開催された(大会長:扇内秀樹/東京女子医科大学歯科口腔外科教授).
 多くの医科医師の参画のもと,医科-
歯科の垣根を越えたコンセンサスを築き上げる取り組みを続けている本学会.「安全な有病者歯科治療のエビデンスを求めて」とのメインテーマを掲げた今回は,基礎疾患を背景とした患者の受診機会が急増しつつある現状において,一般医科とのコミュニケーションやコンセンサスの統一作業が,多くのプログラムにおいて取り組まれた.
 特に,10
日(土)午後に開催されたシンポジウム,「抗血栓療法患者の口腔観血処置」では,抜歯時におけるワーファリン・抗血小板薬の継続・中断に関するガイドライン策定についての現状報告と意見交換が行われ,抜歯のみならず,歯周外科手術など広く観血処置におけるガイドライン策定の必要性が提言された.
そのほか,2日間にわたる多彩なプログラムからは,いずれも歯科医療における今日的課題へ真摯に向き合う同学会の姿勢が感じられた.

2DSCN8016.JPG

シンポジウム「抗血栓療法患者の口腔観血処置」より.左より,森本佳成氏(大阪大学大学院歯学研究科高次脳口腔機能学),桑澤隆補氏(東京女子医科大学八千代医療センター歯科口腔外科),矢郷 香氏(慶應義塾大学医学部歯科口腔外科),岩永史郎氏(慶應義塾大学医学部循環器内科),の各シンポジスト

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2019年1月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号