感染の理解と消毒・滅菌の看護へのいかしかた

目次

商品情報
はじめに

1 感染・消毒・滅菌の正しい知識と看護の役割
 1.感染
      病気・障害の発生
       1.病因
       2.宿主
       3.環境要因
      感染の定義
       1.外因性感染と内因性感染
       2.二次感染
       3.感染症
       4.再燃・再発・寛解
      感染が成立するための要素
       1.病原体・病原微生物
       2.感染源
       3.病原体の伝播
        1)内因性感染(伝播)
        2)外因性交差感染(環境要因による)5
       4.感染経路
        1)直接伝播(感染)と間接伝播(感染)5
        2)垂直感染と水平感染
        3)病原体の組み合わせ
       5.侵入経路
       6.宿主の防御機構
      宿主と病原体の関連性
       1.定着
       2.不顕性感染
       3.顕性感染
       4.日和見感染
       5.菌交代現象
      感染と発症
        (1) 潜伏期
        (2) 感染発症指数
        (3) 世代期間
        (4) 伝染期間
        (5) 輸入感染症
        (6) 国際伝染病
      院内感染
       1.病原体が多い
       2.感染源がある
       3.病原体の伝播が容易である
       4.感染経路が多い
       5.病原体が侵入しやすい状況にある
       6.宿主となりうる抵抗力の落ちた患者が多い
      院内感染の予防病院としての積極的な対策
       1.感染防止対策委員会の設置
       2.感染専任スタッフの設置
       3.院内教育
      院内感染の予防感染源への対策
       1.感染源(人・環境・汚物など)の除去
       2.病原体の伝播を防ぐ
       3.感染経路の遮断
       4.体内への侵入経路を断つ
       5.宿主を保護する
 2.消毒
      消毒の定義
      消毒の原則
      消毒の方法
       1.物理的消毒方法
       2.化学的消毒方法
 3.滅菌
      滅菌の定義
      滅菌の方法
       1.加熱法
       2.濾過法
       3.照射法
       4.ガス法
       5.薬液法
 4.院内感染を防止するための看護婦の役割
      病院環境の特殊性を認識する
      感染を防止するための知識・技術
       1.病原体
       2.感染源
       3.病原体の伝播
       4.感染経路
       5.侵入部位
       6.宿主
      感染源の除去
       1.手洗い
       2.感染源に対する適切な対処
      感染の遮断
       1.病原体の伝播・感染経路の遮断
       2.侵入部位の遮断と宿主の保護
      患者への責任
 5.在宅ケアにおける感染防止対策と看護婦の役割
      在宅ケアにおける医療者側の対策
      療養者や家族介護者への対応
       1.患者や家族介護者への教育と支援
       2.生活スタイルや生活環境の整備
       3.感染についてのトラブルを避けるために
      在宅ケアにおける具体的対策として
       1.医療者の留意点
       2.患者・家族介護者の留意点

2 消毒・滅菌の実際
 1.消毒・滅菌の概念とその実際
  I 消毒・滅菌の概念と各種滅菌法
      はじめに
      消毒・滅菌の歴史
      各種滅菌法
      熱による滅菌消毒
      湿熱滅菌消毒――蒸気滅菌
       1.蒸気滅菌の概要
       2.主な製品
      湿熱滅菌消毒――煮沸滅菌
       1.煮沸滅菌の概要
       2.煮沸消毒器
      乾熱滅菌消毒
      低温プラズマ滅菌法
       1.滅菌原理
       2.STERRAD100
      エチレンオキサイドガス滅菌(EO)
       1.EOガスによる滅菌の概要
       2.EOガスの排出規制問題
       3.主な製品
      消毒薬
       1.高度
       2.中等度
       3.低度
      紫外線による滅菌
       1.紫外線による滅菌の概要
        (1) 滅菌原理
        (2) 滅菌条件
        (3) 基本構造
        (4) 滅菌の適応
       2.主な製品
  II 滅菌行程の確認とモニタリング
      物理的インジケーター
      化学的インジケーター
       1.インジケーターテープ
       2.インジケーターカード
      生物学的インジケーター
  III 感染から患者・医療従事者を守るには
      ユニバーサルプレコーションの必要性
      手術室での感染リスクの管理
       1.無菌状態で外科的処置を行うための8原則(米国)
       2.外科的無菌技法とは
       3.手術室看護基準(ARON)
      おわりに
 2.手洗いとガウンテクニックの方法
      皮膚の細菌叢
      手洗いの方法
       1.ベースン法(浸漬法)
       2.スワブ法(清拭法)
       3.スクラブ法(洗浄法)
       4.ラビング法(擦式法)
      手洗いの機会
       1.平常時の手洗い
       2.処置時の手洗い
       3.手術時の手洗い
      手術時手洗いの実例
      手洗いと乾燥法
      手洗いと手荒れ
      ガウンテクニックの要領
      手術野の消毒
       1.手術前日の入浴,清拭
       2.皮膚剃毛
       3.手術野皮膚消毒の方法
       4.手術室における手術野皮膚消毒の実例
       5.手術野粘膜消毒の方法
       6.術野および創部の被覆
 3.生体検査前に必要な感染症に対する予備知識―医療器材,内視鏡などの消毒・滅菌法
  I 生体検査と感染
      はじめに
      病原微生物の感染経路
      内因性感染と生体検査
       1.誤嚥性肺炎
       2.尿路感染症
       3.手術創感染
       4.菌血症
       5.褥瘡感染
      外因性感染と生体検査
       1.経口感染
       2.経気道感染
       3.接触感染
       4.皮膚から直接病原体が侵入する
      検査時の一般的な感染防止対策
       1.手洗いの励行
       2.手袋の使用
       3.含嗽の励行
       4.安全な器材の準備と使用後の処理
       5.患者の身体に接触する器具の消毒と交換
       6.患者の症状に注意を払う
       7.環境への注意
      隔離患者に対する検査
       1.MRSA
       2.結核菌
  II 医療器材の消毒・滅菌
      生理検査用器材の消毒・滅菌
       1.超音波検査用プローブ
       2.心電図用電極
       3.脳波用電極
      内視鏡関連器材の消毒・滅菌
       1.内視鏡本体
       2.鉗子などの処置具
       3.マウスピース,送気・送水/吸引ボタンなど
      消化管内視鏡の洗浄,消毒の実際

3 重要な感染症と看護の役割
 1.HBVおよびHCV
  I H B V
      B型肝炎ウイルスの構造
       1.HBVの構造
       2.HBV遺伝子構造
      HBVマーカーの臨床的意義
       1.HBs抗原・抗体
       2.HBe抗原・抗体
       3.HBc抗体・IgM型HBc抗体など
      感染経路・疫学
      感染様式と経過
       1.一過性感染(急性B型肝炎)
       2.持続感染
      治療
       1.肝庇護療法
       2.抗ウイルス療法
       3.免疫調節療法
      予防
       1.B型肝炎の予防
       2.B型肝炎ウイルス母子感染予防
       3.汚染事故後のB型肝炎発症予防
   看護の実際
    A. 外来看護の実際
      診察時の注意事項
       1.診察室の選択
       2.診察時の注意事項
       3.診察器具の取り扱い
       4.診察器具使用後の取り扱い
       5.診察室の消毒・清掃
       6.医師・ナ護婦の手洗い
      外来患者への対応
       1.患者・家族への説明
       2.日常生活指導
    B. 多数室入院患者の看護
      多数室患者への対応
       1.患者・家族への説明
       2.日常生活指導
       3.診察器具・看護用品の取り扱い
       4.リネンの取り扱い
       5.食器の取り扱い
       6.毎日の清掃
      多数室患者への看護の視点
       1.黄疸に対してのかかわり
       2.出血傾向に対してのかかわり
       3.身体活動性の低下に対してのかかわり
       4.感染の危険性に対してのかかわり
      多数室患者における家族・面会者への対応と感染防止
      退院指導・退院後の病室清掃
    C. 個室(隔離)入院患者の看護
      個室患者への対応
       1.隔離の対象
       2.隔離の内容
       3.診察器具・看護用品の取り扱い
       4.リネンの取り扱い
       5.食器の取り扱い
       6.毎日の清掃
      個室患者への看護の視点
       1.自尊心に対してのかかわり
       2.患者がもつ役割や関係に対してのかかわり
       3.ストレスに対してのかかわり
       4.宗教や民間療法に対してのかかわり
      個室患者における家族・面会者への対応と感染防止
      退院指導
      退室後の病室清掃
  II H C V
      HCVの特性
       1.HCV粒子
       2.HCVキャリアの頻度
       3.HCVキャリアの自然経過
      感染経路
       1.水平感染
        1)輸血による水平感染
        2)輸血以外の医療行為による水平感染
        3)その他の原因による水平感染
       2.垂直感染
      C型急性肝炎の症状
      診断
      C型急性肝炎の検査と意義
       1.肝機能検査
       2.HCVマーカー検査
        1)HCV抗体
        2)HCV-RNA
       3.予後
      治療
      感染予防
      医療従事者のHCV汚染事故
   看護の実際
    A. 外来看護の実際
      診察時の注意事項
       1.診察室の選択
       2.診察時の注意事項
       3.診療器具の取り扱い
       4.診察器具・看護用品使用後の取り扱い
       5.診察室の消毒・清掃
       6.医師・看護婦の手洗い
      外来患者への対応
       1.患者・家族への説明
       2.日常生活指導
    B. 入院患者への看護
      患者への対応
      家族・面会者への対応と感染防止
       1.診療器具・看護用品
       2.リネンの取り扱い
       3.食器の取り扱い
      退院指導
      退院後の病室の清掃
 2.MRSA感染症
      MRSA感染症の概念
       1.MRSAと薬剤耐性
       2.黄色ブドウ球菌とは?
       3.ブドウ球菌の細胞膜の特徴と抗生剤の作用機序
       4.なぜ抗生剤耐性となるか?
       5.なぜMRSAが蔓延することになったか?:MRSAの実態
       6.MRSA蔓延の実態
      感染経路および発生好発部位
      症状
      診断
       1.診断の基本概念
       2.検体採取とその解釈
      治療
       1.治療対象例の選択
       2.抗生剤投与の原則
       3.抗生剤投与の実際
        1)単独療法
        2)併用療法
      感染拡大の予防
   看護の実際
    A. 外来看護の実際
      診察時の注意事項
       1.診察室の選択
       2.診察時の注意事項
       3.診療器具・看護用品の取り扱い
       4.診療器具・看護用品使用後の取り扱い
       5.診察室の消毒・清掃
       6.医師・看護婦の手洗い
      外来患者の看護
       1.患者・家族への説明内容
       2.生活指導内容
    B. 入院患者への看護
      患者への対応
       1.患者・家族への説明
       2.日常生活指導
       3.内服薬・外用薬の使用方法
       4.排泄物の取り扱い
      患者隔離
       1.MRSAの排菌量が多く隔離の必要な患者
       2.具体的な患者隔離の方法
        1)完全隔離の方法について
        2)準隔離の方法について
       3.患者移送時の注意事項
       4.毎日の清掃・消毒法
      家族・面会者への対応と感染防止
       1.手洗いとガウンテクニック
       2.精神的援助
      器具・器材などの取り扱い
       1.診療器具・看護用品の取り扱い
       2.リネンの取り扱い
       3.食器の取り扱い
      消毒法の実際
      退院指導
       1.外来での生活指導
       2.外来受診
      退院後の病室清掃
       1.物品の後始末
       2.病室の床・壁・床頭台の清掃
 3.HIV
      HIV感染症の概念
      ウイルスの特性と免疫不全の機序
      感染経路
      一般的経過と症状
       1.急性感染症状
       2.無症候性キャリア期
       3.エイズ関連症候群(AIDS related complex;ARC)
       4.エイズ
      検査・診断
       1.HIV抗体検査
        1)スクリーニング検査
        2)確認検査
        3)HIV抗体検査の選択と手順
       2.ウイルス学的検査
       3.血漿中HIV・RNA定量
       4.免疫機能検査
      治療
       1.抗HIV薬
        1)逆転写酵素阻害剤
        2)プロテアーゼ阻害剤
        3)3剤併用療法
       2.合併症に対する治療・予防
   看護の実際
    A. 外来看護の実際
      診察時の注意事項
       1.診察室の選択
       2.診察時の注意事項
       3.診療器具の取り扱い
       4.診察器具使用後の取り扱い
       5.診察室の消毒・清掃
       6.医師・看護婦の手洗い
      外来患者の看護
       1.患者・家族への説明
       2.日常生活指導
    B. 入院患者の看護
      患者への対応
       1.患者・家族への説明
       2.日常生活指導
       3.清潔
       4.内服薬・外用薬の使用法
      患者隔離
       1.隔離の対象
       2.毎日の清掃・消毒法
      家族・面会者への対応と感染防止
       1.手洗いとガウンテクニック
       2.精神的援助
      器具・器材などの取り扱い
       1.診療器具・看護用品の取り扱い
       2.リネンの取り扱い
       3.食器の取り扱い
      退院指導
 4.緑膿菌感染症
      緑膿菌
       1.緑膿菌とは?
       2.シュードモナス属の特徴
      好発部位・症状
       1.呼吸器感染症
       2.尿路感染症
       3.皮膚感染症
       4.敗血症
       5.外科領域の術後感染
       6.感染性心内膜炎
       7.その他
      感染経路
      検査・診断
      治療・拡大の予防
       1.緑膿菌の耐性化
       2.治療
   看護の実際
    A. 外来患者への看護
      処置時の注意事項
      環境整備についての注意事項
      患者・家族への指導
    B. 入院患者への看護
      処置時の注意事項
      環境整備
       1.設備
       2.備品
      感染予防対策
      患者・家族への指導
 5.結核および非定型抗酸菌症
  I 肺結核
      概念・感染経路・現状
      症状・病型
       1.一般的症状
       2.初期変化群
       3.既感染発病
      検査・診断
       1.臨床所見
       2.結核菌検査
        1)塗抹染色法
        2)培養法
        3)その他
       3.画像診断
       4.気管支鏡検査
       5.ツベルクリン反応
      治療
  @   拡大の予防
  II 非定型抗酸菌症
   看護の実際
    A. 外来看護の実際
      患者への対応
    B. 入院看護の実際
      患者への対応
      隔離
      家族・面会者への対応と感染防止
      器具・器材などの取り扱い
       1.診療器具・看護用品の取り扱い
       2.リネンの取り扱い
       3.危険度の高い処置に関して
       4.環境整備
       5.機械器具の消毒
      退院指導
      退院後の病室の清掃
      職員の感染対策
 6.O157感染症
      病原性大腸菌とは?
      O157とは?
      症状
      検査・診断
       1.全身状態
       2.O157感染に対する検査
       3.HUSに対する検査
      O157感染に対しての治療
       1.抗生剤
       2.整腸剤系
       3.吸着剤
      HUSに対しての治療
       1.循環血液量の管理
       2.脳症に対して
      予防
   看護の実際
    A. 外来看護の実際
      診察時の注意事項
       1.診察時の隔離方法
       2.診察器具使用後の取り扱い
       3.診察室の消毒・清掃
      医師・看護婦の手洗い
       1.手洗いの方法
       2.手指の消毒
      外来患者の看護
       1.患者・家族への説明
        1)感染経路
        2)潜伏期間
        3)症状
        4)耐性
        5)伝染力
      日常生活指導
       1.手洗いと手指の消毒の指導
       2.便の処理
      衣類・タオルなどの取り扱い
       1.衣類の洗濯
       2.衣類・下着の消毒
      患者の入浴
       1.患者への入浴についての指導
       2.患者の入浴後の消毒
      食器・調理器具の取り扱い
       1.食器の消毒
       2.まな板の殺菌
       3.包丁の殺菌
       4.スポンジ,たわしの殺菌
       5.菜箸,しゃもじ,包丁の柄など木製の器具の消毒
       6.おたま,なべ,フライ返しなど金属性の器具の消毒
       7.ふきんの除菌
      症状と服薬指導
      社会生活
      感染予防の原則
       1.原因菌をつけない
       2.原因菌を増やさない
       3.原因菌を殺す
    B. 入院患者の看護
      患者への対応
       1.患者・家族への説明
       2.日常生活指導
       3.入浴・清拭
       4.シーツ・寝衣の交換
       5.内服薬の使用法
       6.排泄物の取り扱い
      患者の隔離
       1.病室の準備
       2.毎日の清掃・消毒法
      家族・面会者への対応と感染防止
       1.手洗いの励行
       2.感染の予防
       3.精神的援助
      器具・器材などの取り扱い
       1.診療器具・看護用品の取り扱い
       2.リネンの取り扱い
       3.食器の取り扱い
      退院指導
      退院後の病室の清掃・消毒法
       1.物品の後始末
       2.病室の清掃・消毒法
 7.梅毒
      概念
       1.定義
       2.病原体
       3.感染経路
       4.発生好発部位
      症状
      第1期梅毒
       1.初期硬結,硬性下疳
       2.無痛性横痃
      第2期梅毒
       1.梅毒性バラ疹
       2.丘疹性梅毒疹
       3.扁平コンジローム
       4.梅毒性乾癬
       5.膿疱性梅毒疹
       6.梅毒性脱毛症
       7.粘膜斑
       8.梅毒性アンギーナ
       9.梅毒性爪炎
      第3期梅毒
       1.結節性梅毒疹
       2.ゴム腫
      第4期梅毒(変性梅毒)
       1.神経梅毒
        1)脊髄癆
        2)進行性麻痺
       2.心血管梅毒
      先天梅毒
      検査・診断
 @     1.T.pallidumの検出
       2.梅毒血清反応
      治療・拡大の予防
       1.抗生剤投与の原則
       2.抗生剤投与の実際
        1)ペニシリン療法
        2)その他
       3.副作用
       4.感染拡大の予防
   看護の実際
    A. 外来看護の実際
      診察時の注意事項
       1.診察室の選択
       2.診察時の注意と必要な器具の取り扱い
       3.診察後の消毒清掃
      外来患者の看護
       1.患者への説明
       2.日常生活指導
       B. 入院患者の看護
      患者への対応
      家族・面会者への対応と感染防止
      器具・器材などの取り扱い
       1.器具・器材の取り扱い
       2.リネンの取り扱い
       3.食器の取り扱い
      消毒法
      退院指導
       退院後の病室の清掃
 8.流行性角結膜炎
      結膜炎とは?
      流行性角結膜炎とは?
      原因ウイルスの特徴
       1.アデノウイルスの構造と型
       2.主な感染経路
       3.感染から発症に至るまで
      症状
      検査・診断
       1.結膜嚢からのウイルス分離診断
       2.アデノチェック○R
       3.アデノクロン○R
       4.血清抗体価の測定
       5.PCR法
      治療
      拡大の予防
       1.患者への指導
       2.医療従事者の対処法
   看護の実際
    A. 外来看護の実際
      診察時の注意事項
       1.診察時の隔離の必要性
       2.診療器具の取り扱い
       3.診療器具使用後の取り扱い
       4.診察後の消毒・清掃
       5.医師・看護婦の手洗い
      外来患者の看護
       1.手洗いの指導
       2.清潔
       3.消毒
       4.点眼薬の使用方法
       5.社会復帰
    B. 入院患者の看護
      患者への対応
       1.患者・家族への説明
       2.手洗いの必要性と方法
       3.入浴および清拭
       4.点眼薬の取り扱い
       5.清浄綿の取り扱い
      患者隔離
       1.病室の準備
       2.患者の移送時の注意
       3.毎日の清掃
      家族・面会者への対応
      器具・器材などの取り扱い
       1.診療器具・看護用品
       2.リネンの取り扱い
       3.食器の取り扱い
      退院指導
      退院後の病室清掃
 9.疥癬
      病因
      感染経路
      臨床症状
      診断への手順
      治療
       1.外用剤
        1)クロタミトン軟膏
        2)1%γ-BHC軟膏
        3)その他の治療
       2.全身療法
       3.一般的注意
      防疫対策(特に入院患者に疥癬が発症した場合)
   看護の実際
    A. 外来看護の実際
      診察時の注意事項
       1.診察室の隔離
       2.診療器具の取り扱い
       3.診察後の消毒・清掃
       4.医師・看護婦の手洗い
      外来患者の看護
       1.患者・家族への説明
       2.日常生活指導
       3.日常の使用物品の取り扱い
       4.消毒の方法
       5.内服薬・外用薬の使用方法
       6.社会復帰
    B. 入院患者の看護
      患者への対応
       1.患者・家族への説明
       2.日常生活指導
       3.清潔
       4.内服薬・外用薬の使用方法
       5.排泄物の取り扱い
      患者隔離
       1.病室の準備
       2.患者の移送時の注意事項
       3.毎日の清掃・消毒法
      家族・面会者への対応と感染防止
       1.手洗いとガウンテクニック
       2.精神的援助
      器具・器材などの取り扱い
       1.診療器具・看護用品の取り扱い
       2.リネンフ取り扱い
       3.食器の取り扱い
      退院指導
       1.外来での生活指導
       2.外来受診
      退院後の病室清掃
       1.物品の後始末
       2.病室の床・壁・床頭台
       3.ベッド・マットレス・カーテン

4 院内感染対策
 1.院内感染と院内感染予防委員会の設置
      院内感染症の定義
      院内感染症の歴史
      院内感染の特徴
      院内感染にかかわる因子
       1.原因微生物
       2.宿主条件
       3.病院環境および医療処置
      感染経路
      院内感染で問題となる感染症
       1.呼吸器感染症
       2.尿路感染症
       3.カテーテル敗血症
       4.血液媒介感染症
      院内感染の具体的な対応,防止対策
       1.医療従事者が十分な知識をもつこと
       2.交差感染防止
       3.院内感染対策委員会の設置
 2.院内感染予防の実際
  I 順天堂大学医学部付属順天堂医院における実践例
      院内感染の実態の把握と感染源の追及
      感染防止対策の業務手順の確立
      職員教育
      患者および家族指導
      院内環境の清潔保持
      易感染患者への対応
      職員の感染防止対策
  II 東海大学医学部付属東京病院における実践例
      手洗いと手袋
       1.手洗いの実際
       2.手袋の使用
       3.手荒れ予防
       4.手洗いの必要性の教育
      針刺し事故防止
       1.針刺し事故防止の注意事項
       2.針刺し事故発生時の対応
      使用器具物品の取り扱い
       1.消毒し再生する場合
       2.廃棄する場合
      清掃
       1.日常床清掃
       2.隔離室の清掃
      廃棄物の処理
       1.廃棄物の分類
       2.当院の廃棄物処理
       3.感染症発生時の対応
索引