• 歯科界ニュース
  • 文献検索
  • 学会情報
  • 研修会案内
  • 求人情報
  • 歯科関連産業会社一覧
  • リンク集
  • ビデオアーカイブ
  • 雑誌広告媒体資料
  • 文献検索
  • 医歯薬出版オンラインショップ
  • メールマガジン登録
歯科保健医療国際協力協議会 第 28 回総会および学術集会 開催される
 7月1日(土),2日(日),日本大学歯学部(東京都千代田区)において,歯科保健医療国際協力協議会(JAICOH)の第28回総会・学術集会が開催され,2日には100名弱の参加者を集めた.
 JAICOHは歯科保健に関する国際協力に従事する団体・個人などが情報交換や情報発信,交流などを行う会として活動.ニュースレターの発行や研修会の開催,年に一回の総会・学術集会の開催などを行っている.
 本年の総会2日目は,開会式に引き続き20題の一般口演が発表された.内容としては総会・学術集会に参加した各種団体による活動報告やその成果,組織の作り方,資金調達の方法,個人のキャリア形成についてなど,歯科保健・歯科医療における国際協力に関するさまざまな事項が報告・議論された.
一派口演発表の様子
 続くシンポジウム『ベテランから若手へ ~国際医療貢献のバトンタッチ~ 』では,深井穫博氏(埼玉県開業/ネパール歯科医療協力会),河村康二氏(埼玉県開業/南太平洋医療隊),宮田 隆氏(歯科医学教育国際支援機構)の3氏が登壇.国際協力事業や援助対象国との関わりや現地での活動の内容,そこから得た経験・知見,さらには日常的な歯科診療と国際協力をいかに調和させてきたか,ベテランとしてこれまでのキャリアを振り返った.3氏の発表後,ディスカッションでは若手や国際協力を志す学生との質疑も活発に交わされ,今後の歯科における国際協力のあり方が議論された.
シンポジウムにおけるシンポジスト(左から深井氏,河村氏,宮田氏)
 次回総会は2018年7月に福岡県において開催される予定.