• 歯科界ニュース
  • 文献検索
  • 学会情報
  • 研修会案内
  • 求人情報
  • 歯科関連産業会社一覧
  • リンク集
  • ビデオアーカイブ
  • 雑誌広告媒体資料
  • 文献検索
  • 医歯薬出版オンラインショップ
  • メールマガジン登録
Women Dentists Club第14回総会 開催される
 5月20日(土),21日(日)の二日間,第14回Women Dentists Club(WDC)の総会が開催された.
 WDCは林 美穂氏(福岡県開業)が会長を務める女性歯科医師のための会で,東日本,関西,西日本の各支部を持ち,年に1回,全体の総会が開催される.本年の総会は関西支部が担当し,タカラベルモントTB-SQUARE(大阪市)において開催された.
会長の林氏
 総会1日目は各支部の活動や会計報告のほか,各支部の会員による会員発表が行われた.
 飯田聖子氏(西日本支部)は「形成、接着に考慮しポーセレンラミネートベニア修復治療をおこなった症例」,牧角麻未氏(西日本支部)は「歯科用レーザーを活用してみよう」,表原文江氏(関西支部)は「歯根膜を活用した天然歯保存への試み~抜歯を行う前に考えるべきこと~」,中丸聡子氏は(東日本支部)「力のコントロールの重要性を学んだ症例」,金井知子氏(東日本支部)「アムステルダムミニスプリントについて」の演題でそれぞれ発表.
 いづれの発表も,それぞれのトピックについての基本的な事項から実際の臨床での応用,考察がしっかりとまとめられており,会員間での情報を共有しようという会の姿勢が示されていた.

会員発表演者と各支部の会長
 総会2日目はWDC総会では恒例の,外部講師による一日講演となった.今回の講師は桑田正博氏(クワタ・カレッジ)で,演題は『歯科界におけるチーム医療の在り方修復治療の変遷,そしてこれからの歯科治療』であった.
講演では桑田氏のこれまでの歩みを紹介しつつ,随所に氏が手がけてきた成果も披露.また,現在の取り組みや今後の展望も示され,1962年に渡米してから現在にいたる50年以上の活躍と歯科界への貢献が示され,今回の総会の掉尾を飾った.
 
午前と午後の長時間に渡り講演を行った桑田氏
 次回の総会は2018年5月に東京で開催予定.また2019年にはWDC10周年の記念大会が福岡県において開催されることも発表された.
最後には参加者全員が集まっての記念撮影