医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.35 No.13 > 論文詳細
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日 p.1499-1503
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 9)造血幹細胞移植に伴うTMA,VOD 垣花和彦,大橋一輝
はじめに
 造血幹細胞移植においては種々の合併症が起こりうるが,血栓性微小血管障害(TMA)および肝中心静脈閉塞症(VOD)も重要な合併症として広く知られている.TMA は微小血管内皮細胞の障害から血管内に血小板−フィブリン血栓が形成されることで発症し,VOD に関しては,まず類洞内皮の障害が起こり続いて細静脈の閉塞に進展し発症するとされている.
 本稿では,血栓形成に起因するこの代表的両疾患について,最近の知見も含め概説する.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 9)造血幹細胞移植に伴うTMA,VOD 垣花和彦,大橋一輝
本論文を購入 特集TOPへ戻る
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日
月刊(B5判,192頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296030
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.