医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.130 No.6 > 論文詳細
130巻6号 2017年5月25日 p.786-790
 低栄養対策パーフェクトガイド−病態から問い直す最新の栄養管理  
回復期リハビリテーション病棟における低栄養対策
船橋市立リハビリテーション病院 栄養部
桐谷裕美子
キーワード  回復期リハビリテーション病棟,合併症,ADL,自宅復帰
回リハ病棟をデータからみる  
 回復期リハビリテーション病棟(以下,回リハ病棟)の全国調査によると,入棟患者の平均年齢は75.9 歳であり,そのうち75 歳以上が63.4%と,高齢者が多い病棟である.平均疾患割合は,脳血管系47.0%,整形外科系44.6%,廃用症候群7.0%,その他1.4%.入棟時BMI18.5 kg/m2 未満の「やせ」の患者割合を原因疾患別にみると,脳血管系19.9%,整形外科系24.0%,廃用症候群39.0%であり,大腿骨頸部骨折などの整形外科系,廃用症候群での低体重割合が多いのが特徴だ.骨粗鬆症関連疾患,廃用症候群の栄養障害割合も,脳卒中より高く,同時に筋肉量の減少,サルコペニアのリスクが高まっていることを踏まえた介入が必要だ.……(雑誌本文は続きます)
 低栄養対策パーフェクトガイド−病態から問い直す最新の栄養管理 回復期リハビリテーション病棟における低栄養対策 桐谷裕美子
本論文を購入 特集TOPへ戻る
低栄養対策パーフェクトガイド
130巻6号 2017年5月25日
月刊(B5判,298頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740900
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
回復期リハビリテーション病棟の嚥下調整食レシピ集105
嚥下調整食 学会分類2013に基づく 回復期リハビリテーション病棟の嚥下調整食レシピ集105
栢下淳・山仁子 編著

定価 3,456円(本体 3,200円+税8%)B5判 136頁 2016年9月発行
注文コード:706760
ISBN978-4-263-70676-3

●回復期リハ病棟での嚥下調整食に焦点を当てた実践的な一冊! 約20の病院からおいしい嚥下調整食レシピ......
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.