医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 第1土曜特集号
251巻5号 2014年11月1日
第1土曜特集広がるHippo pathway研究−癌から各種疾患へ11月第1土曜特集
はじめに
第1土曜特集 広がるHippo pathway研究――癌から各種疾患へ はじめに 畑裕
  『医学のあゆみ』の読者諸先生におかれては“Hippo pathway”は聞き慣れない言葉かもしれない.表題をみただけであえて手に取ろうとされない向きも多いかと懸念される.だがまっていただきたい.Hippo pathwayは毎週のように主要な雑誌に研究成果が発表されるホットな研究対象であり,臨床応用に展開する潜在力を秘める,今が買い時の成長株だ.
 Hippo pathwayの“Hippo”とはカバのことである.カバと冠するシグナル伝達系が登場したのは,ショウジョウバエの研究に端を発する.器官の大きさに異常を示すショウジョウバエの変異体の解析から,原因遺伝子として蛋白リン酸化酵素が同定され,変異体の表現型がカバを連想させたため,Hippoと命名された.続いてHippoの上流・下流で働く一群の遺伝子が同定され,Hippo pathwayとして世の中に紹介された.2003年のことである.ヒトゲノム計画は終了していたので,Hippo pathwayの構成分子がヒトでも保存されていることはただちにわかり,腫瘍抑制シグナルとして癌研究の視点で研究が展開された.その後,組織幹細胞やES細胞における役割が注目され,再生医学の観点からも関心を集めた.最近では糖尿病など代謝疾患との関連も取り沙汰されている.この間,Hippo pathwayに関係する分子が続々とみつかり,他のシグナル伝達系とのクロストークも明らかとなり,Hippo pathwayの版図は拡大し国境線は曖昧になり全体像が把握しにくくなっている.Hippo pathwayの英文レビューは毎年多数発表されているが,和文総説は2011年に雑誌で特集されて以降,まとめられていない.そろそろ最近の進展を総括して,新しい関心をよび覚まし,幅広い研究展開に結びつける必要があるのでないかというのが,本特集を企画したきっかけである.本特集の狙いの詳細についてはWebサイトをご参照いただきたいが,複雑なHippo pathwayを百科事典的に網羅するよりも,研究の最先端の動向を紹介して,Hippo pathway研究の熱気を伝えることに主眼をおいた.
 Hippo pathwayの研究が急拡大したのは,もとより医学的・生物学的に重要だからであるけれども,Hippoという名前の効果もあずかっていそうだ.Hippo pathway関連の学会ではカバのイラストが頻出する.人がいかなる根拠で動物に先入観をもつのかわからないが,カバに悪感情をもつ人はいないだろう.大らかでコミカルなカバがHippo pathwayのイメージに貢献している.そんなことをとりとめなく思っていた矢先に,福岡伸一先生が,メトロポリタン美術館所蔵の古代エジプトのカバの像が来訪者の間で人気を集めていると紹介されている新聞記事に遭遇した.カバの魅力あってのHippo pathwayという自論を後押しされたように感じて,ご寄稿をお願いしたところ,ご快諾いただけた.福岡先生のお力も借りた本特集が,多くの方がHippo pathwayに馴染む糸口となれば幸いである.(→本特集のねらい
目 次
カバのウイリアム……福岡伸一
本特集の読み方……畑裕 詳細
基礎編
細胞極性制御因子とHippoシグナルの接点……山下和成・大野茂男 詳細
Latsキナーゼによる細胞周期と細胞死の制御機構……藪田紀一・野島博 詳細
哺乳類NDRキナーゼの細胞機能――もうひとつのHippo下流キナーゼ……永井友朗・水野健作 詳細
Hippo-NDRキナーゼシグナル伝達経路による脳神経機能制御……大領悠介・他 詳細
Hippo pathwayによるmicroRNA生成制御……森雅樹 詳細
RASSFとHippo pathway……岩佐宏晃 詳細
細胞の協調と競合におけるHippo経路の役割……榎本将人・井垣達吏 詳細
栄養・エネルギーセンサーシグナルとHippo pathway……平林享 詳細
発生
肝形成および肝癌におけるHippo-YAPシグナル経路の役割……千葉恭敬・仁科博史 詳細
心臓発生における転写共役因子Yapの機能……福井一・望月直樹 詳細
血球, 血管内皮分化と Hippo pathway……祢次金進・高橋秀治 詳細
疾病:癌
悪性中皮腫とHippo pathway……関戸好孝 詳細
Hippo経路と腫瘍――Hippo経路変異による癌モデルマウス……後藤裕樹・他 詳細
Mst1下流分子Rab13による細胞遊走,増殖の制御……錦見昭彦・他 詳細
疾病:癌以外
心臓とHippo pathway……佐渡島純一 詳細
神経変性疾患の細胞死とHippo pathway──神経変性はHippo pathwayで制御されるか……田村拓也・岡澤均 詳細
免疫細胞とHippo pathway……木梨達雄 詳細
Hippo pathwayと不妊治療……河村和弘 詳細
脂肪細胞分化とHippo pathway……角朝信・戸邉一之 詳細
低分子化合物によるHippo pathwayの機能解明と応用展開……中川健太郎・小高愛未 詳細
広がるHippo pathway研究
251巻5号 2014年11月1日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925105
雑誌コード:20471-11/1
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.