医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
241巻11号 2012年6月16日
テロメア,テロメラーゼ,クロマチンストレス
はじめに
AYUMI テロメア,テロメラーゼ,クロマチンストレス はじめに 石川冬木
  1980年代にはじまったヒトにおけるテロメア研究は多くの研究者の努力によって着実に進展し,テロメアに局在する蛋白質の多くはすでに同定されたと考えられている.現在のテロメア研究の焦点は,さらなるテロメア関連因子の同定,細胞周期にわたるテロメア機能制御,テロメア機能とさまざまな細胞生理との関係,ヒト疾患においてテロメアが果たす役割をあげることができるであろう.
 最近同定されたヒトCST複合体は,いままで見逃されていたテロメア因子が存在することを示している(中岡論文参照).細胞周期におけるテロメアに関しては,テロメアDNAの複製とテロメラーゼによる伸長の観点から,S期におけるテロメア機能について活発に研究されているが,今後,M期におけるテロメア研究も進展するに違いない(林論文,清宮論文参照).一方,細胞を維持するために機能するさまざまな生理機能がテロメア維持に果たす役割について興味がもたれている.そのなかには,DNA相同組換え,RNAiなどが含まれる(鍋谷論文,木下論文参照).また,テロメアDNA長の長短と種々の疾患との関連が指摘され(田原論文参照),その延長上には新しい抗癌剤の開発に期待が寄せられている(清宮論文参照).最後に,はじめはテロメア短小化によって定義づけられてきた細胞老化は,近年,癌化刺激などのさまざまなストレスによっても誘導されることが理解され,その分子機構が明らかにされつつある(吉本論文,中西論文参照).
 以上のように,テロメア研究は新しいステージを迎え,ますます活発な成果が得られつつある.それらの成果は,今後,医学をはじめとする多くの研究領域において応用されるに違いない.本特集により,テロメア研究の息吹の一部でもご理解いただければ幸いである.
目 次
テロメアの破綻と加齢疾患……田原栄俊 詳細
タンキレースのテロメア機能とあらたな研究展開――テロメアを起点としたPARP研究と創薬応用への展望……清宮啓之 詳細
テロメアによる細胞周期制御……林眞理 詳細
DNA損傷応答によるクロマチン修飾を介した細胞老化誘導機構……中西真 詳細
細胞老化とストレス――細胞老化の分子メカニズムとその役割……吉本真・原英二 詳細
テロメラーゼの新機能……木下圭太・増富健吉 詳細
新しいテロメア蛋白質複合体CST……中岡秀憲・石川冬木 詳細
テロメラーゼ非依存性テロメア維持機構と疾患……鍋谷彰・石川冬木 詳細
TOPICS
【細胞生物学】
卵由来エキソソームによる細胞融合の促進機構……宮戸健二 
【再生医学】
幹細胞治療のあらたなメカニズムの解明――ナノチューブを介したオルガネラ交換……安田香・丸山彰一 
【消化器内科学】
C型肝炎治療のあらたな幕開け……今村道雄・茶山一彰 
連載
【漢方医学の進歩と最新エビデンス】
8.うつの漢方治療:最新のエビデンス……山田和男 
医学史
【近代医学を築いた人々】
6.モートンのエーテル麻酔……安室芳樹 
フォーラム
【第76回日本循環器学会総会・学術集会レポート】
2.Optimal Antithrombotic Treatment in Patients with Coronary Artery Disease:Racial Considerations……後藤信哉 詳細  
テロメア,テロメラーゼ,クロマチンストレス
241巻11号 2012年6月16日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:924111
雑誌コード:20473-6/16
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.