医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ262巻8号 > 論文詳細
神経内分泌腫瘍UPDATE
262巻8号 2017年8月19日 p.709-714
AYUMI 神経内分泌腫瘍UPDATE 膵神経内分泌腫瘍に対するEUS-FNA 肱岡範・原和生
サマリー   膵神経内分泌腫瘍(P-NEN)は,多発することや,インスリノーマやガストリノーマのように,1cm以下の小さい腫瘍でありながら,強いホルモン症状を呈することはまれではない.このため,P-NENの存在診断を行う際にはCT,MRIのみならず超音波内視鏡(EUS)を行うことが推奨される.EUS-guided fine needle aspiration(EUS-FNA)でのP-NENの診断能は高いが,線維化に富む場合など,診断困難な症例も存在する.共焦点レーザー内視鏡やオクトレオスキャンなども代替診断として有用である.悪性度診断もEUS-FNAにて行われるが,一致率はそれほど高くない.2017年改訂予定のWHO2017分類でのNET-G1〜G3とNEC-G3を正しく診断することがもっとも重要である.
キーワード  膵神経内分泌腫瘍(P-NEN),EUS-FNA,悪性度診断,WHO分類
AYUMI 神経内分泌腫瘍UPDATE 膵神経内分泌腫瘍に対するEUS-FNA 肱岡範・原和生
本論文を購入 特集TOPへ戻る
神経内分泌腫瘍UPDATE
262巻8号 2017年8月19日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,300円
注文コード:926208
雑誌コード:20473-8/19
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.