医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ260巻3号 > 論文詳細
NICUの現状と課題−臨床と研究の最新情報
260巻3号 2017年1月21日 p.231-236
AYUMI NICUの現状と課題――臨床と研究の最新情報 早産・低出生体重児の発達障害 河野由美
サマリー   早産・低出生体重児,とくに出生体重超低出生体重児や在胎28週未満の超早産児は発達障害や精神疾患の合併リスクが高く,知的障害を合併していることも多い.正期産のコントロールと比較すると,極低出生体重児の注意欠如・多動性障害(ADHD)のオッズ比は2〜3倍,超早産児は4倍と報告されている.ADHDの特徴として,多動・衝動性型より不注意型が多く,行為障害の合併は少なく,リスクの男女差も一般児より小さい.頭囲,脳室内出血,脳実質の障害や脳室拡大といった脳の成熟や障害との関連が指摘されている.自閉症スペクトラム障害の合併率も高く,超早産児で8%に認め,一般児の4倍以上の比率であったとする報告がある.とくに幼少期のスクリーニングでは陽性率が高い.知的能力の低さや不注意と関連するコミュニケーションスキル,社会適応力の遅れが特徴である.早産児の脳高次機能の障害として認められる,言語概念の理解,作業記憶(working memory),視空間能が低いこと,処理速度が遅いこととの関連が示唆されている.
キーワード  早産・低出生体重児,知的障害,注意欠如・多動性障害(ADHD),自閉症スペクトラム障害(ASD),学習障害(LD)
AYUMI NICUの現状と課題――臨床と研究の最新情報 早産・低出生体重児の発達障害 河野由美
本論文を購入 特集TOPへ戻る
NICUの現状と課題
260巻3号 2017年1月21日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,300円
注文コード:926003
雑誌コード:20473-1/21
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.