医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ257巻6号 > 論文詳細
代謝調節における免疫細胞の役割
257巻6号 2016年5月7日 p.613-619
第1土曜特集 代謝調節における免疫細胞の役割 自然免疫センサーによる炎症性マクロファージの制御と天然薬物による炎症調節 長井良憲・津聖志
サマリー   近年,メタボリックシンドローム(MetS)を含む多くの生活習慣病の病態に,慢性炎症が深く関与することが明らかになっている.その慢性炎症は多種多様な細胞およびそれらに発現する分子によって正または負に制御されている.Toll様受容体(TLR)は,病原体由来のリガンドを特異的に認識するセンサーである一方,死細胞や損傷組織から産生された内因性リガンドも認識し,その異常が慢性炎症へと進展することが明らかになっている.著者らは,TLRファミリー分子RP105/MD-1がTLR4とは異なる機序で内臓脂肪組織の慢性炎症を制御することを明らかにした.さらに,MetSにおけるNLRP3インフラマソームの制御機構に着目し,NLRP3インフラマソームの活性化を阻害する甘草由来の薬物イソリクイリチゲニンをあらたに見出した.高脂肪食摂餌マウスにイソリクイリチゲニンを投与することにより,肥満,糖尿病などの病態を顕著に抑制したことから,本薬物はMetSに対する有望な創薬シーズと考えられた.
キーワード  イソリクイリチゲニン,インフラマソーム,自然免疫,Toll様受容体(TLR),メタボリックシンドローム(MetS)
第1土曜特集 代謝調節における免疫細胞の役割 自然免疫センサーによる炎症性マクロファージの制御と天然薬物による炎症調節 長井良憲・津聖志
本論文を購入 特集TOPへ戻る
代謝調節における免疫細胞の役割
257巻6号 2016年5月7日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925706
雑誌コード:20471-5/7
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2018 Ishiyaku Pub,Inc.