医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻10号 > 論文詳細
アルコール医学・医療の最前線2015Update9月第1土曜特集
254巻10号 2015年9月5日 p.944-948
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコール分子は脳にどう作用するか 廣中直行
サマリー   エチルアルコール(エタノール)は,中枢神経系抑制作用,慢性の神経毒性,依存性などさまざまな効果を発揮する.エタノールは小さな分子であり,脳にどのように作用しているのかは長い間わかっていなかった.近年の研究から,作用部位としては大脳皮質,大脳辺縁系を中心とした広い部位に及ぶことが示され,作用点となる神経伝達物質にはGABA,グルタミン酸,ドパミンなどがあることがわかってきた.またその分子標的として内向き整流型Kチャネル(GIRK)チャネルが注目されている.エタノールの多彩な作用メカニズムは,神経活動の制効果や依存性など,さまざまな効果と関連していると考えられ,その全体像の解明は今後の研究課題である.
キーワード  エタノール,大脳皮質,GABA,NMDA受容体,GIRKチャネル
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコール分子は脳にどう作用するか 廣中直行
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
アルコール医学・医療の最前線2015Update
254巻10号 2015年9月5日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925410
雑誌コード:20471-9/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.