医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ247巻5号 > 論文詳細
神経変性疾患−研究と診療の進歩11月第1土曜特集
247巻5号 2013年11月2日 p.515-520
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 家族性アミロイドポリニューロパチー 関島良樹・池田修一
サマリー   家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)はトランスサイレチン(TTR)遺伝子変異に起因する常染色体優性遺伝の疾患である.FAPに対しては肝移植の有効性がすでに確立しているが,病状の進行や年齢などの理由により移植の適応とならない患者が多くを占める.新規の原因療法としてジフルニサルやタファミディスなどのTTR四量体の安定化剤が注目されている.タファミディスは2012年にヨーロッパでFAP治療薬として使用が開始されており,わが国でもまもなく認可される見込みである.さらに,siRNAやantisense oligonucleotideなどを用いた遺伝子治療の臨床試験も進行しており,FAP治療はあらたな展開を迎えている.
キーワード  家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP),アミロイド,肝移植,ジフルニサル,タファミディス,遺伝子治療
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 家族性アミロイドポリニューロパチー 関島良樹・池田修一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
神経変性疾患
247巻5号 2013年11月2日
週刊(B5判,140頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:924705
雑誌コード:20471-11/2
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.