医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ275巻5号 > 論文詳細
がんゲノム医療−網羅的解析からの知見と臨床応用の展望
275巻5号 2020年10月31日 p.419-423
NCCオンコパネルと海外の遺伝子パネル
サマリー   2019年6月,2品目の検査機器によるがんゲノムプロファイリング検査が保険収載され,わが国における本格的ながんゲノム医療が開始された.これらの検査機器は次世代シークエンサー(NGS)を利用して,固形がん患者に対して約100〜300個のがん関連遺伝子における複数タイプの遺伝子異常を包括的に検出する.そして検出された遺伝子異常に応じて,適切な分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬が適用される.その100〜300個の遺伝子群,または広義にはこの検査機器システム一式が遺伝子パネルとよばれる.保険収載された2つの遺伝子パネルは,国産開発されたOncoGuideTMNCCオンコパネルシステムと,米国で開発されたFoundationOne【○R】 CDxである.本稿では,これらわが国で保険収載された遺伝子パネルと,米国食品医薬品局(FDA)によって承認された遺伝子パネル,および承認申請中のリキッドバイオプシーによる遺伝子パネルや先進医療実施中の代表的な遺伝子パネルの概要と特徴を解説し,さらに対象遺伝子数や仮想的遺伝子パネル,がんゲノム情報管理センターの話題を含めた今後の展望を述べる.
キーワード  がんゲノムプロファイリング検査,がんゲノム医療,次世代シークエンサー,遺伝子パネル
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がんゲノム医療
275巻5号 2020年10月31日
週刊(B5判,240頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286690
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.