医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ259巻5号 > 論文詳細
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日 p.413-418
第5土曜特集 マクロファージのすべて 肺胞マクロファージ 鈴木拓児
サマリー   骨髄造血由来の末梢血の単球が前駆細胞として各臓器に供給することによって,組織マクロファージ(tissue-resident macrophage)が維持されているというmononuclear phagocyte system(MPS)説が40年以上唱えられてきた.しかし最近の研究から,胎生期につくられた前駆細胞が生前に各組織に移行して,その微小環境においてそれぞれの組織マクロファージを維持していることが明らかになってきた.それぞれの組織マクロファージでは細胞ごとに特異的な遺伝子発現がみられ,組織特異的な機能があることが知られている.本稿では肺胞マクロファージについて,その起源と機能,とくに肺サーファクタント恒常性維持機能とその異常によって生じる疾患である肺胞蛋白症(PAP)の病態と治療について概説する.
キーワード  肺胞マクロファージ,GM-CSF,サーファクタント,肺胞蛋白症(PAP)
第5土曜特集 マクロファージのすべて 肺胞マクロファージ 鈴木拓児
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日
週刊(B5判,268頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286520
雑誌コード:20475-10/29
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.