Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

一般社団法人日本歯科専門医機構 設立記念講演会 開催される
 7月28日(土),日本歯科大学生命歯学部 九段ホール(東京都千代田)にて,標記会が『日本歯科専門医機構の果たすべき役割を語る』と題し開催された(主催:(一社)日本歯科専門医機構,共催:(公社)日本歯科医師会,(一社)日本歯科医学会連合).
  日本歯科専門医機構とは,歯科界における専門医の拠点組織として,安全で適切な歯科医療を提供するための専門医制度の監督,支援,協力等を行う中立・公平な第三者機構として,2018年4月に設立されたものである.

 講演1「医師の専門医制度と歯科医療における専門医の議論の現状」(演者:和田康志氏/厚生労働省医政局歯科保健課)では,医科における専門医制度の現状が解説されたうえで,歯科医療における専門性の特殊性を考慮した,国民にとってわかりやすい専門医制度の仕組み作りの必要性が訴えられるとともに,各学会の専門医認定基準の見直し・統一化などの課題が提示された.
 講演2「歯科専門性に関する経緯と日本歯科医師会の考え方」(演者:柳川忠廣氏/(公社)日本歯科医師会)では,歯科の専門医制度について,厚労省のワーキンググループを中心に,日歯,連合等で議論が重ねられてきた経緯が解説され,プロフェッショナルオートノミー(専門職としての自律性)を基軸とした新たな専門医制度設計において,本機構の果たす役割が大きいことが示唆された.
 講演3「日本歯科専門医機構の役割と展望」(演者:鳥山佳則氏/東京歯科大学)では,本年4月の医科における新専門医制度のスタートと時期を同じくして設立された本機構の立ち位置の解説をはじめ,医科とは異なり,GP主体の歯科に特化した専門医の在り方を検討する必要性,国民不在の「歯科医師による歯科医師のためだけの専門医制度」に陥ることのないよう事業を進める重要性が語られた.
 講演4「患者が望む専門医と専門医制度」では,医療事故により長男を亡くし,患者家族の立場から医療安全活動に携わっている豊田郁子氏(患者・家族と医療をつなぐ特定非営利活動法人架け橋,患者の視点で医療安全を考える連絡協議会)が登壇.患者や家族(国民)が望む専門医制度の確立に向けて,医療職に対しては技術的専門性のみならず,緊急度・重症度を理解したうえでの総合的な安全性も担保してもらいたいとの期待を述べ,本機構の役員としてもその発展に尽力していくことを示した.

■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2018年10月>
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号