Ishiyaku Dent Web

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のポータルサイト

第二回 日本臨床歯科医学会 夏期学術大会・総会 開催される
 7月14日(土),15日(日),石川県立音楽堂(石川県金沢市)において日本臨床歯科医学会 夏期学術大会・総会が 開催された(大会長・中山大蔵氏/日本臨床歯科医学会 北陸支部長).日本臨床歯科医学会は,会員数が2,000名を超えるスタディグループであるSJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)が組織移行して設立された学会であり,今回が第2回目の学術大会となる.
 会は二日間にわたって開催され,全国12の各支部を代表した演者が3つのテーマに分かれて講演を行った.演題は以下の通り.


大会長の中山大蔵氏
日本臨床歯科医学会理事長の山﨑長郎氏
●コンベンショナルレストレーション
(Moderator:木原敏裕氏/鈴木真名氏)

カリエスリスクが高い若年者のAsymmetryな歯列不正に対してMIを考慮した包括的なアプローチ(飯干光男氏/熊本支部)

咬合崩壊を伴う患者に対して矯正学的分析を応用した咬合再構成(中村航也氏/北陸支部)

安定した下顎位獲得に苦慮した咬合再構成(吉田茂治氏/東京支部)

不適切な歯の対向関係に対し、補綴的なアプローチにより咬合再構成を行った症例(鈴木直樹氏/京都支部)

『みること』で得られるもの(河野通史氏/新潟支部)


●審美修復治療
(Moderator:土屋賢司氏/松川敏久氏)

Recovery of previous interdisciplinary approach-prostho and ortho -(山脇将貴氏/大阪支部)

Midlineについて深慮した審美修復についての考察(大井手和久氏/広島支部)

ブラキサー患者に対するMIによる審美的アプローチ(鈴木 祐氏/東北支部)

Life stage と予知性を考慮した審美修復治療(中島圭治氏/福岡支部)

フルマウスリコンストラクションにおけるシークエンシャルトリートメントプランニングの実践(寺坂弘司氏/四国支部)


●インプラント治療

(Moderator:伊藤雄策氏/小濱忠一氏)

Immediate Implant Placement in Posterior Zone :Surgical and Prosthetic Strategies for Avoiding Peri-implantitis(下地恒太郎氏/福岡支部)

広汎型侵襲性歯周炎患者におけるインプラント治療
Implant Therapy in Generalized Aggressive Periodontitis(山口文誉氏/東京支部)

重度咬合崩壊症例におけるインプラント治療のマネージメント(須田善行氏/北海道支部)

Implant Supported Partial Denture(池村仁克氏/名古屋支部)

歯周病患者におけるフルマウスリコンストラクション症例(谷尾和正氏/大阪支部)


盛況の会場
 次に特別講演として韓国SKCD会長のCHOI DAE HOON氏による「咬合治療における長期安定性へのパラファンクションの関与を経過観察する」が行われた.

 全講演終了後,表彰式が行われ,1位に東京支部の山口文誉氏,2位に大阪支部の谷尾和正氏,3位に福岡支部の中島圭治氏,特別賞に東京支部の吉田茂治氏が選ばれた.

CHOI DAE HOON氏
(右より)山﨑長郎氏,山口文誉氏,谷尾和正氏,中島圭治氏,吉田茂治氏







■他のニュース記事をさがす

日付から記事をさがす
<2018年8月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
キーワードから記事をさがす

人気の歯科書籍(キーワード別)

歯科雑誌 最新号