第27回日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部総会/学術大会のご案内
メインテーマ「インプラント治療の将来展望 〜再生医療の立場から〜」
今回の学術大会は「インプラント治療の将来展望 〜再生医療の立場から〜」をメインテーマに、特別講演として東京大学医科学研究所教授中内啓光先生に「幹細胞を利用した新しい医療」をテーマにご講演をお願いするなど、今後インプラント治療が益々発展するように願いを込めて企画致しました。

2008年2月2日(土)
一般口演[13:40〜14:50]
基調講演[15:00〜16:30]
「最先端治療の限界〜病院歯科の立場から〜」 三次 正春 先生
「矯正歯専門医の立場から診たインプラントの応用」 山田 勲 先生
「インプラントにおける新技法とその基礎的裏付け」 井上 孝 先生
懇親会[18:30〜20:00]

2008年2月3日(日)
一般口演T[9:00〜12:00]
特別講演[13:00〜14:00]
「幹細胞を利用した新しい医療」 中内 啓光 先生
一般口演U[14:00〜15:00]
歯科衛生士セッション[15:00〜16:30]
ポスターセッション[11:00〜12:00] 6階601
技工士セッション[15:00〜16:00] 6階601
開催日時 2008年2月2日(土)13:40〜18:10(懇親会18:30〜20:00)
   2月3日(日) 9:00〜16:30
開催地 東京
会場 都市センターホテル(日本都市センター会館内)
主催 (社)日本口腔インプラント学会 関東・甲信越支部
問合せ先 学術大会事務局
電話:03-3519-5188
FAX:03-5510-0883
e-mail implant@jobing.co.jp
URL http://www.girc.jp
歯界展望2007年12月号掲載
<この情報は上記雑誌掲載時点での情報です。終了または変更の場合もございますので予めご了承下さい>


<< 前の情報を見る      次の情報を見る >>