• ホーム
  • 医学
  • 薬学
  • 臨床検査
  • 臨床工学
  • リハビリテーション
  • 看護学
  • 栄養学
  • 東洋医学
  • 柔道整復
  • 介護・福祉
  • 歯科医学
  • 歯科衛生士
  • 歯科技工
  • カテゴリ一覧

歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士のためのポータルサイト「Ishiyaku Dent Web」

この本を買った人はこんな本も買っています

臨床免疫学  

臨床免疫学

福岡良博・佐藤進一郎・〆谷直人 ほか著

エッセンシャルシリーズ
NEWエッセンシャル
法医学 第5版
発売中

エッセンシャルシリーズ NEWエッセンシャル 法医学 第5版

取健彦 監修/長尾正崇・中園一郎 ほか編

科学技術や医療を取り巻く社会的変化に対応したテキストを目指し新たに第5版を発行!

定価 9,180円
(本体 8,500円+税8%)

買い物カゴへ追加 買い物カゴを見る

著者所属/略歴を見る

執筆者を表示する/関連著書の検索
  • 総頁数:592頁 / 2色
  • 判型:A5判
  • 発行年月:2012年6月
  • ISBN978-4-263-20797-0
  • 注文コード:207970

目次を見る

序文を見る

見本を見る

注文書を印刷

友達に紹介する

書評を投稿する

内容紹介

●1993年に第1版を発行して以来,法医学を取り巻く環境は大きく様変わりした.これまでは適宜改訂し,版を重ねて今日にいたっていたが,科学技術や医療を取り巻く社会的変化に対応していくために新たに第5版を発行することになった.
●この間に医療関連法規のうちで改正法あるいは新法が制定されたものが数多くある.「臓器の移植に関する法律」も法改正がなされて,脳死は人の死であることが立法化されたし,児童虐待・高齢者虐待・障害者虐待防止法が立法化された.
●一方,DNA多型の法医学への応用は分子生物学の発展の下支えにより著しい成果をもたらした.また,分析化学および分析機器の進歩発展により,これまで分析が不可能であった超微量の物質もナノオーダーあるいはフェムトオーダまで分析可能にし,法中毒学の今後の展開に大きく貢献するものと思われる.
●今回の改訂では,各章にアップデートの知識を導入したほか,図・表・写真を多数使い,理解の一助になるよう編集した.
第1章 法医学概論(取健彦)
第2章 死の判定と死因
第3章 死体現象(中園一郎)
第4章 死因
第5章 中毒(法中毒)
第6章 性と法医学
第7章 血液型と個人識別
第8章 現代社会と法医学の接点
第9章 医と法
関連法規