医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ231巻4号 > 論文詳細
最新のCOPD治療
−大規模臨床試験の結果から
231巻4号 2009年10月24日 p.293-297
AYUMI 最新のCOPD治療――大規模臨床試験の結果から COPD治療における去痰薬の意義 巽浩一郎
サマリー   COPD 患者の管理においては,安定期の病態をリハビリテーションを含む内科的治療により最大限に改善させることと同時に,増悪を抑制することが重要である.COPD 患者を対象とした大規模臨床試験において増悪抑制という観点で統計学的に有意差を示しているのは,古くは閉塞性換気障害が重症の COPD 患者における吸入ステロイド薬である.最近の臨床試験において増悪抑制が示されたのは, @ 2007 年の TORCH Study(吸入ステロイド薬+長時間作用型吸入β2刺激薬), A 2008 年の UPLIFT Stud(y 長時間作用型吸入抗コリン薬), B 2008 年の PEACE Study(喀痰調節薬カルボシステイン)である.喀痰調節薬であるカルボシステインは,去痰作用のみにより増悪抑制に有用であったのではなく,抗炎症作用・抗オキシダント作用という,去痰作用を超えた作用機序により COPD の増悪抑制に有用であったと推定される.
キーワード  COPD,増悪抑制,去痰薬,PEACE試験,カルボシステイン
AYUMI 最新のCOPD治療――大規模臨床試験の結果から COPD治療における去痰薬の意義 巽浩一郎
本論文を購入 特集TOPへ戻る
最新のCOPD治療
231巻4号 2009年10月24日
週刊(B5判,76頁)
発行時参考価格 900円
注文コード:923104
雑誌コード:20474-10/24
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はDigital e-hon
Digital e-hon
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2014 Ishiyaku Pub,Inc.