• 歯科界ニュース
  • 文献検索
  • 学会情報
  • 研修会案内
  • 求人情報
  • 歯科関連産業会社一覧
  • リンク集
  • ビデオアーカイブ
  • 雑誌広告媒体資料
  • 文献検索
  • 医歯薬出版オンラインショップ
  • メールマガジン登録
2017年第4回救歯塾開催
 7月30日(日),都市センターホテル(東京都千代田区)にて,2017年第4回救歯塾が開催された.
 救歯塾は,年間を通じてのテーマ「黒田式コーヌスクローネをマスターしよう」のもと,グループ討論と実習を中心とした,受講者の主体的な参加が求められるセミナー.第4回目の話題は「鑞着と試適の注意点」.外冠の試適時のチェックポイント,試適時のトラブルの際に考えるべきことについて,活発なディスカッションが展開された.

 午前の実習では,受講者が製作した外冠を,口腔模型上で試適し,適合および維持力をチェック.その後,内外冠の適合性についてグループ討論を行った.
 午後は,試適時にトラブルが生じた実際の症例が提示され,不適合となった原因についてディスカッション.鑞着時,鋳造時の変形や,それ以前の咬合器へのトランスファー,あるいは咬合採得時点でのエラーなど,さまざまな要因が議論された.
 試適時の不適合の原因の究明には間接法工程の理解が必須であり,実際の臨床では,どのステップまで後戻りをして再製作すべきかを判断する拠り所となる.コーヌスクローネ義歯への取り組みは,日々の間接法操作の知識と経験が求められることが再確認された.

 次回は,完成義歯装着のステップへと進んでいく.