• 歯科界ニュース
  • 文献検索
  • 学会情報
  • 研修会案内
  • 求人情報
  • 歯科関連産業会社一覧
  • リンク集
  • ビデオアーカイブ
  • 雑誌広告媒体資料
  • 文献検索
  • 医歯薬出版オンラインショップ
  • メールマガジン登録
日本歯科医師会 執行部新体制固まる
 3月10日(木),11日(金),日本歯科医師会において理事会が開催された.この場において,先日の日本歯科医師会会長予備選挙において当選した堀 憲郎氏が選出した理事候補者24名が承認され,歯科医師会執行部の新たな体制が固まった.
 理事会の後に開催された記者会見において堀氏は今回の理事の人選や今後の施策の方向性について「今回の執行部の任期は1年.その間にこれまでの会務を継続させ,なおかつしっかり成果を残せる人選をした.今後,力をいれていきたい分野として,1.国民や関係団体との信頼の確立,2.法人としての倫理行動規定の制定,3.平成30年の診療報酬・介護報酬同時改定における歯科の位置づけの議論,4.新しい医療技術を保険収載するなどして,歯科の活気を取り戻す」と示した.
 続く質疑応答において「日本歯科医師会,日本歯科医師連盟,日本歯科医学会,日本学校歯科医師会の会長すべてが日本歯科大学出身となったが,学閥による弊害などはないのか」という問いに対し,堀氏は「結果としてそうなったということであり,校友会や同窓会が前にでて物事が決まったということはない.特定の出身校や地域から必ず人が出される・・・というような学閥がかえってなくなってきたのではないかと思う」と返答した.また,「政策を決めるためのシンクタンクなどの活用にはどのような形を考えているのか」という質問に対し,「既存の日本歯科総合研究機構を核として,外部の団体も中心に体制を整えていきたい.公益財団法人8020推進財団の活用も含めて,外部団体との関係を見直し,どういった仕組みがいいのか考えていきたい」と述べた.
記者会見において所信を述べる堀氏
新しい体制の理事は以下の通り(敬称略.括弧内は所属歯科医師会)

会長
堀 憲郎(新潟県)

副会長
柳川忠廣(静岡県)/佐藤 保(岩手県)/牧野利彦(大阪府)

専務理事
村岡宣明(神奈川県)

常務理事
青柳裕易(神奈川県)/遠藤秀樹(福島県)/杉山茂夫(千葉県)/髙野直久(東京都)/今里憲弘(福岡県)/小林慶太(千葉県)/児玉 剛(東京都)/小山茂幸(山口県)/瀬古口精良(大阪府)

理事
細谷仁憲(宮城県),阿部義和(岐阜県)/山﨑安仁(富山県)/重城正敏(宮崎県)/池村雄介(東京都)/佐藤修斎(徳島県)/片山繁樹(神奈川県)/山口武之(新潟県)/吉位 尚(兵庫県)/中西康裕(愛知県)

常務幹事
伊藤昭治(東京都)

幹事
長谷宏一(福岡県)/石黒慶一(山形県)
記者会見に臨む新理事