• 歯科界ニュース
  • 文献検索
  • 学会情報
  • 研修会案内
  • 求人情報
  • 歯科関連産業会社一覧
  • リンク集
  • ビデオアーカイブ
  • 雑誌広告媒体資料
  • 文献検索
  • 医歯薬出版オンラインショップ
  • メールマガジン登録
第7回 JSDEIセミナー 開催される
カテゴリ:歯科界
7月26日(日)に,標記会が虎ノ門ヒルズフォーラムメインホールにて開催された.7回目となる今回は「糖尿病,口腔保健と栄養の推進セミナー」とし「明日からの糖尿病予防・療養支援に向けて,チーム医療の観点から」とのテーマで医師,歯科医師,歯科衛生士,管理栄養士ら400名が聴講した.主催は一般財団法人サンスター財団とハーバード大学医学部附属ジョスリン糖尿病センター.

最初にGeorge L. King 氏(Harvard Medical School, Joslin Diabetes Center)による基調講演「糖尿病合併症の最新情報:歯周病、骨粗しょう症、認知症他」として,糖尿病による歯周病などの様々な合併症とそのリスク因子について,最近の研究が紹介された.(座長:門脇孝氏/東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科)

続く第一部では「糖尿病予防、歯周病予防の最新情報および新しい展望」をテーマに,赤塚 俊昭 氏(NPO法人 健康情報処理センターあいち),William C. Hsu(Harvard Medical School, Joslin Diabetes Center),和泉 雄一氏(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 歯周病学分野),門脇 孝氏(東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科)が登壇し,それぞれの立場からテーマについての講演を行った.

第2部では「糖尿病予防、治療を目指したチーム医療および地域連携」をテーマに,津下 一代氏(あいち健康の森健康科学総合センター),鳥山 佳則氏(厚生労働省 医政局 歯科保健課),永田 俊彦氏(徳島大学大学院 医歯薬学研究部 歯周歯内治療学分),松久 宗氏(徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター)が登壇し,それぞれの成果や課題についての講演を行った.

第3部のパネルディスカッションでは,「医科、歯科、チーム医療の将来展望について」をテーマに,座長の柏木厚典氏,和泉雄一氏両名からの質問や,それまでの講演についての質疑応答があった.医科歯科連携から,地域性の問題,また栄養という観点からの糖尿病予防など,様々な議論が展開され,盛況の内に幕を閉じた.

今回のセミナーでは,聴講者一人に1台ずつタブレット端末が用意され,講演中に質問や意見を入力することができるというシステムが導入されていた.質問はタブレット上に表示されるため,リアルタイムで他の聴講者からの質問を閲覧することが可能.また.その質問に「いいね!」をすることができるので,受動的に聴講するだけではなく,積極的に参加することができる,新しいセミナーであった.今後の展開に期待したい.