• 歯科界ニュース
  • 文献検索
  • 学会情報
  • 研修会案内
  • 求人情報
  • 歯科関連産業会社一覧
  • リンク集
  • ビデオアーカイブ
  • 雑誌広告媒体資料
  • 文献検索
  • 医歯薬出版オンラインショップ
  • メールマガジン登録
第5回歯水会発表会開催される

 12月7日(日),エルガーラ大ホール(福岡市中央区)において,第5回歯水会発表が600名を超える参加者を集め,開催された.

sys0902.jpg
安東俊夫会長による開会挨拶                          

 今回は『夢』をテーマとし,同会の40代以降の会員が,それぞれの切り口で歯科医療にかける『夢』を語った.
 午前中のシンポジウムでは,金成雅彦氏(山口県開業),堤春比古氏(福岡県開業),小山浩一郎氏(長崎市開業)の各氏がこれまでの歩みを振り返るとともに,自らの夢を実現させた医院リニューアルについて講演した.三氏のリニューアルの形態が,同じ場所での建て替え,隣接地への増設,別の場所への移転と多様であったため,開業や医院リニューアルを目指している参加者からの質問も相次ぎ,大いに盛り上がりをみせた.
 続いて,竹田博文氏(熊本県開業)がsplit ridge法などを用いた患者中心のインプラント治療の取り組みについて,平井友成氏(福岡市開業)が都心部で開業し、軌道に乗せた経験と今後の夢について講演を行った.

sys0901.jpg

 午後の部は,木山 洋氏(福岡市開業)によるIT活用の講演に続き,シンポジウムが行われた.荒木秀文氏(福岡県開業)は「ダウンサイジング」をテーマに,最小限の形成で最大限の歯質保存を行う取り組みを,土肥博幸氏(長崎県開業)は前歯部審美領域への欠損補綴における治療選択の問題を,吉村理恵氏(福岡県)は「アンチエイジング」をテーマに個別性の高い高齢者への歯科治療の問題をとりあげ,患者の夢と医療者の夢の接点を探った.

sys0903.JPG
左から吉村氏,土肥氏、荒木氏

 最後に張在光氏(福岡市開業)が総括発表を行い,夢の実現には互いに切磋琢磨しあう仲間の存在が不可欠であると述べ,発表会を締めくくった.